>
本文へスキップ

大分短期大学園芸科は農業と園芸を学ぶ短期大学です。

TEL. 097-535-0201(代)

〒870-8658 大分市千代町3丁目3番8号


学校法人平松学園
大分短期大学 園芸科

学科紹介CONCEPT

建学の精神

意志あるところ道あり 
Where there's a will, there's a way


学長メッセージ

CEO


意志あるところ道あり

        学長 田代洋丞 
               (佐賀大学名誉教授 農学博士) 

 本学の建学の精神は、「意志あるところ道あり」という言葉で表現されています。この精神は、学生がしっかりと自分の目標を定め、なんとしても成し遂げようという意志を持ち、努力すれば、それを実現できることを教えています。本学の学生は、この精神から勇気と力をもらい、勉学に励み、卒業後は、企業、団体、法人、官公庁等へ就職し、また、編入学を果たすなど、それぞれの目標を達成し、社会で活躍しています。
 本学は、学生が豊かな発想力と実践力を身につけるよう、実学主義を教育の理念としています。学生は、農業・園芸分野に関する専門的な知識と技能を講義、演習、実験、実習によって具体的に学びます。本学で学ぶ安心・安全な農業と食料、持続可能で快適な環境、健康で幸福な社会に関する知識と技能は、実社会の重要な課題である食料問題、環境問題、健康問題等の解決に役立ちます。また、いろいろな認定と資格を取得できるよう、講義、演習、実習、講義等を開講するとともに、受験指導等の様々な支援をしています。学生は、2年間の教育課程で、多くの認定と資格を取得し、豊かな発想力と実践力を持つ専門職業人に成長することができます。
 また、本学は、編入学にチャレンジする学生のために、様々な支援を行なっています。三年次編入学は、短期大学を卒業後、四年制大学の三年次から学ぶことができる制度ですが、受入れる大学の編入学試験に合格しなければなりません。本学は、教養科目や英語等を強化するとともに、編入学受験に向けた綿密な支援をしており、毎年、多くの学生が国立大学へ合格しています。編入学後、さらに高度な専門職業人や研究者をめざして、大学院へ進学する学生もいます。まさに、「意志あるところ道あり」です。本学は、四年制大学への編入学を希望する学生も歓迎します。
 さらに、本学は、小規模大学の利点を最大限に生かした教育を行っています。教職員が、学生一人一人と真剣に向き合い、全力を挙げて成長を支援します。また、学生が主体性、思考力、表現力等を養うための能動的学修プログラムを講義や実習に取り入れています。全学生と全教職員が一体となって緊密に意思疎通を図ることができる本学であればこそ、このような学修プログラムが高い成果を上げることができると自負しています。学生と教職員の強い絆は、本学の教育の原動力であり、特徴です。
 本学は、学生の意志を尊重し、学生とともに道を探し、夢の実現を支援します。皆さんも高い意志を持ち、本学で道を見つけ、夢を実現しませんか。


教育目的・教育目標
 本学の教育目的は、学則第1条に「高等普通教育の基礎の上にさらに広い一般教養と専門的学識を修め、深い知識と豊かな人間性を養い、もって国家及び地域社会の発展に貢献しうる社会人の育成を目的とする」と定められています。
 教育目標は、「農業・園芸の領域に集積された様々な知識や技術を修得し、関連の資格、認定等を取得して、豊かな発想力と実践力を身につけ、地域産業の健全な振興・発展をはかり、健康・長寿社会の実現のために活躍する人材を育成する」ことです。
 園芸科は、園芸学及び農学の教育研究を通じて農林業・環境・地域社会に広く貢献することを目的としています。本科は、生物生産・フラワーデザイン・造園・園芸療法に関する専門領域を広く学修し、国内外において活躍できる人材を養成します。


卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)と学習成果
 
 本学の建学の精神に基づいた教育目的と教育目標を実現するために、大分短期大学では学習成果と学習成果を踏まえた短期大学士力を定めています。短期大学士力の獲得を学位授与の方針としています。
 学習成果に裏付けられた科目を修得して所定の単位取得要件を満たした人には、教授会の審議を経て、学長が卒業を認定し、短期大学士(園芸学)の学位記を授与します。


学習成果
(1)社会科学と自然科学に関する基礎的な知識を修得している(一般教養知識)
(2)社会科学と自然科学に関する基礎的な技能を修得している(一般教養技能)
(3)専門分野に関する基礎的な知識を修得している(基礎的専門知識)
(4)専門分野に関する基礎的な技能を修得している(基礎的専門技能)
(5)専門分野に関する応用的な知識を修得している(応用的専門知識)
(6)専門分野に関する応用的な技能を修得している(応用的専門技能)
(7)倫理観や社会的責任など生活や仕事で必要な基礎知識を修得している(社会的基礎知識)
(8)多様な他者を理解し協調・協働して課題に取り組むことができる(多様性・協働性)
(9)自ら課題を立て、課題解決に向けて計画し取り組むことができる(主体性・思考力・判断力)
(10)他者にわかりやすく且つ的確に物事を伝えることができる(表現力)


教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)
 ディプロマポリシーに掲げた学習成果を身につけた人材を育成するため、以下の方針の下にカリキュラム編成を行う。
 1)一般教養知識と一般教養技能、社会的基礎知識、及び多様性・協調性を獲得させるため、一般教養科目を編成する。
 2)基礎的専門知識、基礎的専門技能、応用的専門知識、及び応用的専門技能を獲得させるため、農業・園芸分野に関する専門科目及び専門演習・実習科目を編成する。
 3)主体性・思考力・判断力及び表現力を獲得させるため、園芸研究(卒業論文)を必修とする。


入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)
 本学への入学を希望する人には、次のような資質・能力を求めます。
(1)農業・園芸の分野に対して深い関心を持ち、学んだことを活かして将来社会で活躍したいという目的意識と向上心がある人
(2)それぞれの目標に向かって意欲的に学習に取り組もうとする熱意と実行力がある人
(3)農業・園芸分野の基礎をなす理科等の基礎学力を備えている人
(4)自分の考えを的確に伝えるための表現力とコミュニケーション力を身に付けている人

 本学の入学者選抜では、個別学力検査や面接、提出された書類等で「学習意欲」、「志望分野の資格や仕事の理解」、「知識・技能」、「思考・判断力・表現力」、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」などを総合的に判断して入学者を選抜します。
 具体的には、学校推薦型選抜では面接・小論文・提出された書類で、一般選抜(個別選抜型)では面接・個別学力検査・提出された書類で、一般選抜(大学入学共通テスト利用型)では大学入学共通テストの成績・提出された書類で、総合型選抜では面接・課題レポート・提出された書類で、社会人選抜では面接・小論文・提出された書類で選抜します。

バナースペース

大分短期大学 園芸科

〒870-8658
大分市千代町3丁目3番8号

TEL 097-535-0201(代)
FAX 097-540-6509
E-mail:ojc@oitatandai.ac.jp


資料請求は↓
テレメールより